男性不妊の恵比寿つじクリニック
男性不妊の恵比寿つじクリニック
新着情報

男性ホルモンが低いとコロナ感染症が重症化する!

 新型コロナウィルス(COVID-19)に感染して入院する患者さんは女性より男性が多く、性ホルモンと新型コロナの関係が注目されていますが、男性ホルモンの低い男性は新型コロナウィルス感染が重症化するというデータが米国医師会雑誌電子版に掲載されました(Association of circulating sex hormones with inflammation and disease severity in patients with COVID-19. JAMA Network Open 2021; 4: e2111398)。

 2020年3月から5月に米国セントルイスのBarnes Jewish Hospitalを受診した152人の新型コロナ感染症患者(男性90人、女性62人、平均年齢63歳)のうち143人が入院となり、37人が入院中に死亡しています。死亡例に加え酸素吸入の施行、人工呼吸器の装着、集中治療室への入院が必要であった患者を重症としており、重症と中等症の割合については、男性では重症が66人、中等症が24人ですが、女性では37人が重症で、25人が中等症でした。

 これらの患者さんについて血液中のテストステロン(男性ホルモン)、エストラジオール(女性ホルモン)、IGF-1(インスリン様成長因子1)を受診初日、入院3日目、7日目、14日目、28日目に測っていますが、男性では初日と3日目の血中テストステロン濃度が重症度および炎症性物質(サイトカイン)レベルと逆相関していました。エストラジオール、IGF-1については相関を認めません、女性ではテストステロン、エストラジオール、IGF-1どれも経過中に大きな変化はみられませんでした。

 つまり、男性ホルモンの低い男性は新型コロナウイルスに感染した場合に重症化のリスクが高いという結果です。男性ホルモンは年齢とともに低下しますから、高齢男性は気になるところですし、LOH症候群(いわゆる男性更年期障害)の患者さんは心配になるでしょう。一方で、もしテストステロン(男性ホルモン)が本当に重症化に影響しているのなら、テストステロンの投与で重症化を防ぐことができるかもしれません。ワクチンで新型コロナウイルスの感染予防には光明が見えてきましたが、治療薬の開発はまだ目処が立っていませんので、感染した場合の重症化阻止のためにもテストステロンの影響のさらなる解明を期待したいものです。

辻祐治
恵比寿つじクリニック

« »

新着情報に戻る