診療内容

精索静脈瘤手術

精索静脈瘤手術の術式について

当院で行っている精索静脈瘤手術は、局所麻酔による日帰り顕微鏡下精索静脈低位結紮術です。顕微鏡下に観察して、精巣挙筋(精索の表面をぐるりとつつんでいる筋肉で、寒かったり、緊張したりすると、精巣(睾丸)がつり上がりますよね、それはこの筋肉が収縮するためです)は切断せずに、精巣挙筋動脈は残し、静脈は結んで、切断する。精索内部では、精巣動脈/精管動脈/リンパ管を残しますが、静脈は残らず結んで、切断します。

つまり精巣挙筋は切断せず、動脈・リンパ管は残し、静脈はすべて結んで、切ってしまうやり方ですが、当院では精管のまわりの静脈も切断しています。ここの静脈は残して構わないとされていますが(Microsurgical Inguinal Varicocelectomy With Delivery of the Testis: An Artery and Lymphatic Sparing Technique. Journal of Urology 1992;148:1808)、例外はあるものでここの静脈を処理しないと、わずかですが精索静脈瘤が残ることがあります。
顕微鏡下精索静脈低位結紮術はもっとも確実な術式 (Treatment of Varicoceles: Techniques and Outcomes. Fertility and Sterility 2017;108:378) ですが、ほとんどの静脈は処理できていても、手術後に超音波検査で詳しくみてみると、小さな逆流が残っていることが当院でも0.5%くらいあります。精索静脈瘤の残存が認められたときに、静脈はすべて切断しましたが、残っているものがありましたと患者さんにご説明したいので、非常に神経を使う部分ですが、精管周囲の静脈も完全に切断しています。

米国のクリーブランドクリニック(https://health.usnews.com/best-hospitals/area/oh/cleveland-clinic-6410670/urology)で勤務しているときに、マイクロサージェリー(顕微鏡手術)のトレーニングコースを修了し、 1989年に帰国してからずっとこのやり方をやっていますので、ことさら特別な術式ではないと思っていました。ただ、最近になり顕微鏡で見ているといっても非常に簡略化した手術をされている先生方がいらっしゃいますので、標準的なものが非常に高度な手術として差別化がはかられているのだろうと思います。