男性不妊最新ニュース

自然な妊娠を目指すなら精索静脈瘤に注目!

今年4月に開催された米国泌尿器科学会での研究報告からのニュースです。

精索静脈瘤の手術が男性不妊症の有効な治療であることは良く知られていますが、最終的な妊娠率への効果までを検討したデータは多くありませんでした。

このカナダからの報告では、両側に精索静脈瘤がある不妊男性で顕微鏡下に両側の精索静脈瘤手術(顕微鏡下精索静脈低位結紮術)を受けた157人と手術を受けなかった81人を比較しています(平均観察期間は40ヵ月)。

結果は手術を受けたグループでは手術後に精子数と精子運動率が明らかに改善し47%が自然妊娠しましたが、手術しなかったグループでは23%しか妊娠出来ませんでした。さらに手術しなかったグループでは62%がART治療(=体外受精/顕微授精)に進んでいましたが、手術をしたグループは32%だけでした。

精索静脈瘤手術を受ければ自然な妊娠が無理でも奥様や生まれてくるお子さんへのリスクが低い不妊治療で妊娠できるようになることが期待されます。精液所見が不良といわれたら、精索静脈瘤がないか調べてみましょう。

« »

男性不妊最新ニュースに戻る