男性不妊の恵比寿つじクリニック
男性不妊の恵比寿つじクリニック
メディア紹介

「SPA! 2/11・2/18合併特大号 まだ成長できる人 精力編 掲載」

「SPA! 2/11・2/18合併特大号 まだ成長できる人 精力編 副院長 助川玄コメント掲載」

若い頃のあの精力絶倫だった日々も遠い昔。人の成長は下半身から止まるのかも・・・。男性不妊を専門とする「恵比寿つじクリニック」副院長の助川玄氏はこう話す。
「個人差はありますが、40、50代から性機能の維持をコントロールするテストステロン量が減少し、生活習慣病などのメタボリック症候群、ストレスなどと関連して勃起機能が低下すると考えられています」
 勃起力の衰えには、大きな病気が隠れていることも。
「勃起障害は、動脈硬化の初期症状として注目されています。狭心症や心筋梗塞といった、生命に関わる重大な心血管疾患の可能性も疑われるので、朝勃ちの減退などの兆候が見られたら注意」
 では、勃起力を維持するためには、どうしたらよいのだろうか。
「なるべくストレスのかからない生活を送ってください。アスリート並みの激しい運動は男性ホルモンを低下させてしまうので、運動は適度に。食事では野菜や果物、魚、オリーブオイルなどを多く摂る『地中海式ダイエット』や、ナッツ類も勃起機能に効果があります。逆に乳製品や大豆などは女性ホルモン作用があり、男性機能を抑制すると言われているので、たくさん摂るのは控えた方が良いと思います」

恵比寿つじクリニック 副院長 助川 玄

«

メディア紹介に戻る