男性不妊の恵比寿つじクリニック
男性不妊の恵比寿つじクリニック
新着情報

砂糖入りソフトドリンクは精子に影響するか?

 このところ、以前から言われていた喫煙などの子作りへの悪影響がきちんとしたデータで証明されてきており、この最新ニュースでも取り上げていますが、今回は砂糖入りソフトドリンクの精巣(睾丸)機能への影響をみた論文(Association between intake of soft drinks and testicular function in young men。Human Reproduction 2021; 36 : 3036-3048)をご紹介します。

 デンマークの2,935人の若者(中央値:19歳)に、飲料の嗜好について、砂糖入りソフトドリンク、ノンシュガーのソフトドリンク、エナジードリンク(レッドブルなど)、フルーツジュース、ミネラルウォーターに分けて質問し、精液検査と子作りに関係するホルモンの血液検査を受けてもらっています。

 若者全体の精液所見は、総精子数:14,000万、精子濃度:4,400万/ml、精子運動率:69%、精子正常形態率:6,5%でしたが、砂糖入りソフトドリンクを飲むグループ(1日に220ml)では総精子数が2,800万少なく、精子濃度が1,320万/ml低く、血液中のホルモンにも悪い影響がみられるという結果でした。

 やっぱり砂糖が良くないんだねという、まぁ予想通りの結果なんですが、ノンシュガーでも精子運動率が低く、一方エナジードリンクでは精子正常形態率が良いという想定外のことも明らかになっています。この検討だけでは解明出来なかった要因があるのかもしれません。

 結論としては、妊活のためにはコーラなどの砂糖が入ったソフトドリンクはやめる。代わりに飲むのは水!ということのようです。

助川 玄
恵比寿つじクリニック

« »

新着情報に戻る