恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

お問い合わせメールアクセス

恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

タグ検索:精索静脈瘤手術

■精子のDNA損傷と精索静脈瘤手術

■精子のDNA損傷と精索静脈瘤手術

精索静脈瘤手術は、精子のDNA損傷を改善し、妊娠率を向上させる!

精索静脈瘤は不妊を主訴に来院される男性の35-40%に認められる精巣(睾丸)周囲血管の異常です。この精索静脈瘤を治療することで精液所見が改善し、妊娠率も向上することは、すでに多くの研究で実証されています。

実際に男性不妊の診療に携わっていると、今までお子様を授かれずに何年も悩んでおられたご夫妻が、ご主人が精索静脈瘤手術を受けられた後に自然妊娠されることが多く、治療効果が日々実感されます。この事実を裏付けるものとして、精子のDNA損傷の程度(精子の質)と関連づけている研究報告がありましたのでご紹介したいと思います。

一つは、当院HPの『男性不妊最新ニュース』のページでも取り上げている『精索静脈瘤手術後の精子DNA断片化の低下と妊娠率向上は関連している』という米国泌尿器科学会雑誌に掲載されている論文(Journal of Urology 2013, 189: S146-S150 / 2010, 183(1): 270-274 )で、分かりやすく言うと、精索静脈瘤手術が精子の質(DNA)を改善し、結果として妊娠しやすくなるという内容です。

このプロスペクティブ(前向き)研究では(難しいですね.プロスペクティブ(前向き)研究というのは、ある仮説を立て,それが正しいかを追跡調査していくやり方で、この後に出てくるレトロスペクティブ(後ろ向き)研究より信頼性が高いとされています)、不妊期間が1年以上のご夫妻のうち精索静脈瘤がある49人のご主人に精索静脈瘤手術を受けていただき、手術後に①精液所見が改善したか、②ご妊娠になったか、③精子DNA損傷率(DNAが傷ついている精子の割合)の変化について追跡調査しています。

49人のご主人の平均年齢は34歳、奥様の平均年齢は30歳でした。手術前の不妊期間は平均2.7年で、術後2年間の経過を追っています。

精液所見の詳細については、当院HP『男性不妊最新ニュース』のページをご覧いただければと思いますが、精索静脈瘤の手術後に精子数や精子運動率が改善し、結果として49組中18組(37%)が平均7.2ヵ月で自然妊娠されています。
自然妊娠されなかったご夫妻でも8組(16.3%)は人工授精で妊娠され、計49組中26組(53%)が体外受精や顕微授精の高度生殖医療技術(ART)での不妊治療に進むことなく、ご妊娠されました。
精索静脈瘤手術後に精子のDNA損傷率は35.2%から30.2%に明らかに低下し、精子DNA損傷率が低いと妊娠率(自然妊娠であれ、ART治療によるものであれ)が高いという関係が明らかとなったとしています。

また、別の論文(Urology 2013, 81:760-766)では、精索静脈瘤手術を受けた68人の男性不妊患者さんをレトロスペクティブ(後ろ向き)に検討し(レトロスペクティブ(後ろ向き)研究というのは、これまでに蓄積されてきたデータを解析して、傾向や違いを明らかにするというやり方です)、精索静脈瘤手術が精液所見(精子数、精子運動率、精子DNA損傷率)を改善しており、さらに妊娠率も上がっていたと報告しています。

精索静脈瘤手術を受けた68人の平均年齢は33歳で、その奥様の平均年齢は31歳、不妊期間は平均2.6年でした。

精索静脈瘤手術後に68組中17組(25%)が自然妊娠され、自然妊娠されなかったご夫妻のうち3組(4.4%)は人工授精でご妊娠になり、ART治療での妊娠を含めると35組(51%)のご夫妻がご妊娠になっていました。

精索静脈瘤手術により、精子数、精子運動率が改善し、精子DNA損傷率も40.8%から24.5%に低下しました。とくに術後の精子運動率の上昇とその後の妊娠(自然妊娠、人工授精、ART治療など問わず)に関連がみられました。

精索静脈瘤手術が精子のDNA損傷率を低下させることは明らかですが、それが精索静脈瘤手術による妊娠率の向上にどれくらい関与しているかは、さらに研究を進める必要があります。

また、精子のDNA損傷は喫煙や薬物、炎症によっても引き起こされますが、そのような状況においても精索静脈瘤手術は精子DNA損傷を低下させますから、治療の選択としては手術に進まれるのが良いと考えられます(Journal of Urology 2010、184(4): 1578 )。

                              天神つじクリニック 副院長 庄 武彦

コラム「男性不妊治療の最前線」一覧はこちら


当クリニックの男性不妊治療実績

当クリニックのこれまでの実績(男性不妊治療)(2018年1月14日現在)

■精索静脈手術(累積数)

【1,555件】


■非閉塞性無精子症の精巣内精子回収術(Microdissection TESE)

実施数:【438例】うち【154例】で精子回収
(精子回収率:
【35%】


■閉塞性無精子症の精巣内精子回収術 (Conventional TESE)

実施数:【251例】うち【251例(全例)】で精子回収
(精子回収率:
【100%】


マスターベーションと射精障害

■マスターベーションと射精障害

〜マスターベーションと膣内射精障害の関係〜

マスターベーションでは射精できるのだが、性交渉になると勃起はするのだが、どうしても膣内で射精ができないということでお困りになり、不妊外来を受診される方がいらっしゃる。外来でこれまでの経緯を詳しく聞かせていただくと、思春期からのマスターベーションの方法に問題を抱えている方がよく見受けられる。報告では射精障害のうちで、マスターベーションでは射精に至るが、膣内では射精できない膣内射精障害の割合は37%程度とされており、その膣内射精障害のうち、マスターベーションの方法に原因がある場合が50%弱もあり、もっとも多いと報告されている。子作りを開始されたことをきっかけに膣内で射精できないことをどうにかしなければとお考えになり、当院を受診される方が、これだけ多くいらっしゃると考えると、膣内射精障害で悩んでいらっしゃる方はもっとたくさんいるのではないだろうかと思われる。子作りという状況では、ご夫婦ともに積極的に治療に進まれるが、男性個人ではなかなか言い出しづらいものでもあり、そのまま年月を経てしまうことが多いかもしれない。

マスターベーションの方法というものは、当然ではあるが、思春期に学校の授業で習っていくものでもなく、友人などとの話の上やビデオなどの視覚などを通して、自然と身に着けていくものであろう。この過程において、誤って陰茎を強く握ったり、床に擦りつけたりすることで射精することに慣れてしまうと、(当然)他の人と比較することもなく、それがマスターベーションの方法として誤って固定されてしまい、通常の刺激や膣内の刺激では射精に至らなくなってしまうことがある。膣内射精障害の治療としては、正しいマスターベーションの方法を指導することやTENGAなどの使用をすることが一般的であるが、治療には時間がかかることも多く、なかなか難治性である。
晩婚化の進む現代において、子作りの時点で、精液所見などには問題ないのに、膣内射精ができないことで、人工授精などに進まなければいけなくなる状況に陥ることなどを考えると、予防的に正しいマスターベーションを教育していく必要性があると考える。日本の性教育において、性交渉に関しての教育にはさまざまな議論もあるところであるが、正しいマスターベーションの方法について、思春期にしっかり教育することは、ゆくゆくの子作りも視野に入れ、必要なものであろう。学校などでの男児に対する指導やカウンセリングの啓蒙が、これからの少子化の改善に少しは寄与できるのではないかと考える。

                              恵比寿つじクリニック 副院長 助川 玄

コラム「男性不妊治療の最前線」一覧はこちら