恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

お問い合わせメールアクセス

恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

タグ検索:精巣腫瘍治療

2018年5月31日、日刊ゲンダイ掲載、「子作り治療最前線〜血液の逆流が男性不妊を招く〜」

●2018年5月31日、日刊ゲンダイ掲載

「子作り治療最前線〜血液の逆流が男性不妊を招く〜」

 厚労省の「男性不妊の調査」(2015年度)によれば、男性不妊の原因の割合は「造精機能障害」(82.6%)、「性機能障害」(13.5%)、「精路通過障害」(3.9%)とされている。ほとんどが精子を作る機能の障害だが、その半数以上(約56%)は原因不明の「特発性」で、次いで多い(約36%)のが「精索静脈瘤」という病気だ。男性不妊治療専門施設「恵比寿つじクリニック」(東京恵比寿)の辻祐治院長が説明する。

「静脈は心臓に血液が戻っていく血管ですが、精巣の静脈(精索静脈)は構造的に逆流を起こしやすいのです。血液が逆流して、強い圧がかかるせいで精巣の上の静脈がコブ上に腫れているのが精索静脈瘤です。精子を作る細胞は熱に弱いので、お腹の温かい血液が精巣に逆流すると精子の状態が悪くなるのだと考えられています」

 原因は、逆流しやすい静脈をもつ体質的なもので、左側に出来ることが多いという。
 ただし、一般の健康な男性でも15%の割合で精索静脈瘤をもつとされ、あっても子供ができる人はいるし、特に健康に支障が出るわけではない。男性不妊の患者には、45%と高率に見られるとされている。
 近年、男性不妊の原因として精索静脈瘤が注目されているのは、晩婚の影響が大きいという。

「最近増えている2人目不妊の男性では80%が精索静脈瘤をもっているとされています。当然ながら、加齢によって精子の質や数は低下しますが、精索静脈瘤があると精子の状態が普通より早く悪くなるのでしょう。30歳までに子作りを終えていた時代には目立たなかったのでしょうが、晩婚化とともに加齢に伴う精索静脈瘤の精子への悪影響が表れてきているのだと考えています」

 精液検査での異常には「精子無力症」「無精子症」「乏精子症」「乏精液症」「奇形精子症」などがあり、患者の半数が複数の異常を合併している。精液検査では異常があれば、まずは精索静脈瘤を疑った方がいい。静脈瘤の診断は診察だけでなく、エコー(超音波)検査を必ずやってもらうこと。日帰り手術で治療すれば、70%で精子の数や運動率が術前より改善するという。

 加齢による精子の老化からは逃げられない。病気や他の要因がなくても、自然流産への影響は男性40歳以上は女性の30歳以上に相当するという報告がある。男性も晩婚は不妊リスクを高めることを承知しておこう。


当クリニックの男性不妊治療実績

当クリニックのこれまでの実績(男性不妊治療)(2018年6月17日現在)

■精索静脈手術(累積数)

【1,692件】


■非閉塞性無精子症の精巣内精子回収術(Microdissection TESE)

実施数:【459例】うち【162例】で精子回収
(精子回収率:
【35%】


■閉塞性無精子症の精巣内精子回収術 (Conventional TESE)

実施数:【265例】うち【265例(全例)】で精子回収
(精子回収率:
【100%】


■男性不妊と精巣腫瘍治療

■男性不妊と精巣腫瘍治療

 人口10万人に1-2人と稀ではありますが、20代や30代などの生殖年代の男性にもっとも多い悪性腫瘍が精巣腫瘍です。
以前は若い男性の患者さんが悲惨な経過をたどる悪性腫瘍の代表でしたが、近年の医学の進歩により、悪性の精巣腫瘍であっても手術や抗がん剤、放射線治療などを組み合わせた集学的治療によって、高確率に根治が期待できるため、早期発見,早期治療が望まれます。

 一方,生殖の側面から見ると、治療法によっては造精機能(精子を作る能力)の低下や消失にもつながることがあるため、生殖年代の患者さんにはとても厄介なものとなります。

 精巣腫瘍の治療の第一歩は、“疑わしきは罰する(摘除)”の名のもとに高位精巣摘除術という手術が行われ、基本的には腫瘍側の精巣がすべて摘出されます。そして、摘出された腫瘍の広がりや腫瘍細胞の悪性度の評価(病理検査)に加え,CTなどにより転移の有無が調べられ,腫瘍摘出の手術に追加して抗がん剤治療や放射線治療などを行うかどうかが検討されます。

 神様が非常に大事な臓器は2つ作ってくださっていますので、精巣は一個になっても子作りには問題ありませんが、抗がん剤治療や放射線治療を行うことになると、残された精巣の生殖機能への影響が問題となります。

 精巣腫瘍に対する抗がん剤治療では、シスプラチンやカルボプラチンなどの白金製剤を中心に治療を行うことが多く、使用する薬剤の種類・量や使用期間(サイクル数)などによりますが、抗がん剤治療後に精子を作る造精機能が低下する可能性が報告されています。昨年の千葉大学泌尿器科からの論文(Reprod Med Biol. 2015; 15: 175-181)によれば、シスプラチンを使用した化学療法後に、精子が出現する可能性は85%程度であり、精液所見が正常化する可能性は54%程度で、それまでに40カ月程度の期間を要すると報告されています。

 万が一、精子を作る能力が低下して、精子の所見が極端に悪化したり、精子がいなくなってしまい元に戻らない場合には大変なことです!そのような万が一の場合を想定して、精巣の摘出前や抗がん剤治療前には精子を凍結保存しておくことがすすめられます。
また、最近では腫瘍が比較的小さく、ある程度安全な距離がとれる場合には、摘出した精巣の腫瘍以外のところから精子を回収することも行われるようになってきています。

 精巣腫瘍に限りませんが、抗がん剤治療や放射線治療の前に造精機能障害の可能性や将来の挙児のための精子保存に関する説明のないことがいまだにあるようです。

 泌尿器科においては従来から精巣腫瘍イコール摘出の発想があり、もちろん悪性の可能性があるので早急に治療を進めなければいけないのですが、精巣腫瘍が完治する病気になった現在では,将来を見据えて、生殖能力を必ず担保しなければいけないことを、患者さんやご家族に知っていただいて、積極的に精子凍結保存や組織の回収を医療者側に検討してもらうことが大事だと思います。
 当院では、精巣腫瘍を含め様々な癌治療前後でのご受診が多数あり、癌治療のスピードに合わせて積極的に対応しておりますので、是非ご相談ください。

                              恵比寿つじクリニック 副院長 助川 玄

コラム「男性不妊治療の最前線」一覧はこちら