恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

お問い合わせメールアクセス

恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

タグ検索:妊活

2018年5月31日、日刊ゲンダイ掲載、「子作り治療最前線〜血液の逆流が男性不妊を招く〜」

●2018年5月31日、日刊ゲンダイ掲載

「子作り治療最前線〜血液の逆流が男性不妊を招く〜」

 厚労省の「男性不妊の調査」(2015年度)によれば、男性不妊の原因の割合は「造精機能障害」(82.6%)、「性機能障害」(13.5%)、「精路通過障害」(3.9%)とされている。ほとんどが精子を作る機能の障害だが、その半数以上(約56%)は原因不明の「特発性」で、次いで多い(約36%)のが「精索静脈瘤」という病気だ。男性不妊治療専門施設「恵比寿つじクリニック」(東京恵比寿)の辻祐治院長が説明する。

「静脈は心臓に血液が戻っていく血管ですが、精巣の静脈(精索静脈)は構造的に逆流を起こしやすいのです。血液が逆流して、強い圧がかかるせいで精巣の上の静脈がコブ上に腫れているのが精索静脈瘤です。精子を作る細胞は熱に弱いので、お腹の温かい血液が精巣に逆流すると精子の状態が悪くなるのだと考えられています」

 原因は、逆流しやすい静脈をもつ体質的なもので、左側に出来ることが多いという。
 ただし、一般の健康な男性でも15%の割合で精索静脈瘤をもつとされ、あっても子供ができる人はいるし、特に健康に支障が出るわけではない。男性不妊の患者には、45%と高率に見られるとされている。
 近年、男性不妊の原因として精索静脈瘤が注目されているのは、晩婚の影響が大きいという。

「最近増えている2人目不妊の男性では80%が精索静脈瘤をもっているとされています。当然ながら、加齢によって精子の質や数は低下しますが、精索静脈瘤があると精子の状態が普通より早く悪くなるのでしょう。30歳までに子作りを終えていた時代には目立たなかったのでしょうが、晩婚化とともに加齢に伴う精索静脈瘤の精子への悪影響が表れてきているのだと考えています」

 精液検査での異常には「精子無力症」「無精子症」「乏精子症」「乏精液症」「奇形精子症」などがあり、患者の半数が複数の異常を合併している。精液検査では異常があれば、まずは精索静脈瘤を疑った方がいい。静脈瘤の診断は診察だけでなく、エコー(超音波)検査を必ずやってもらうこと。日帰り手術で治療すれば、70%で精子の数や運動率が術前より改善するという。

 加齢による精子の老化からは逃げられない。病気や他の要因がなくても、自然流産への影響は男性40歳以上は女性の30歳以上に相当するという報告がある。男性も晩婚は不妊リスクを高めることを承知しておこう。


■子作りのスタートは禁煙から!

■子作りのスタートは禁煙から!

2017年の全国たばこ喫煙者率調査によると、成人男性の平均喫煙率は28.2%と報告されており、ピーク時の83.7%と比較すると、50年間で喫煙者はかなり減少してきていることがうかがえます。しかし、生殖年代の喫煙率は35%前後とされており、まだまだ高い状態が続いているようです。われわれのクリニックに子供が欲しいと受診される男性でも喫煙されているかたが少なくありません。

女性では、喫煙と不妊の関連がメディアなどで取り上げられることも多く、禁煙が必要ということがある程度周知されていますが、男性ではどうなのでしょうか。男性不妊と喫煙の関連を考えてみると、精液所見(精子の数や運動性、形など)への影響や、精子の持つDNAそのものへの傷害、EDなどの性機能障害などが思い浮かびます。まずは、喫煙の精液所見に対する影響がどのように報告されているかをみてみましょう。

喫煙の精液所見への影響を調べた論文を集計した2016年の報告(European Urology, 70: 635, 2016)では、喫煙は精液の量は変化させないが、精子の数、動き、さらには形にも悪影響をおよぼすと結論づけられ、喫煙の影響は不妊男性や1日に10本以上タバコをすう人により大きいとされています。

なぜ喫煙が精液所見に影響するのかというところが気になりますが、まだ十分には解明されていません。しかし、喫煙により生成される化学物質などが精巣内での精子形成に障害を起こすことや、ニコチンが精子の数、動き、形に悪影響をおよぼすことはすでに明らかになっています。

それでは、精子DNAへの喫煙の影響はどうなのでしょうか?精液検査で精子の数や動き、形に問題がなくても、精子DNAの異常により最終目標である妊娠に至らないという可能性も考えられるからです。喫煙が染色体異常を引き起こすかを調べた論文(Molecular Cytogenetics, 7:58, 2014)では、喫煙によって精子の染色体異常が増加し、子供が出来にくくなる可能性が示されています。

喫煙が勃起障害(ED)の原因になるという報告はこれまで数多くあり、聞いたことがおありかもしれません。なぜ喫煙によりEDが生じるのでしょうか?簡単にいうと、勃起という現象は性的刺激により血液が陰茎海綿体という血管組織に流れ込み、充満することによって陰茎が硬くなるものです。喫煙により発生する様々な酸化ストレスにより、陰茎海綿体や血管の内皮細胞が傷害されることや、勃起のために必要な陰茎への血液の流れが悪くなることにより、海綿体に血液が十分に充満しないことがEDの原因としてあげられています。

喫煙と勃起障害(ED)の関連についてまとめた報告(European Urology Focus, 1:39, 2015)では、喫煙の本数が多いことや喫煙期間が長いことがEDのリスクを高め、禁煙によりその影響は緩和されるとされています。

われわれは不妊治療で受診される患者さんには、禁煙を強くお願いしており、禁煙により精液所見の改善や勃起障害の回復をみることもあります。自分で子作りのために何かできることはないかとお考えになるのであれば、真っ先にやるべきは禁煙です。ご自身や奥様の健康に悪影響をおよぼすことはもちろんですが、妊娠や生まれてこられるお子さんにも何も良いことはありません。子供が欲しいのであれば今すぐ禁煙です!

                              恵比寿つじクリニック 副院長 助川 玄

コラム「男性不妊治療の最前線」一覧はこちら


●Yahoo!ニュースに院長のコメントが掲載されました。

Yahoo!ニュースの2017年3月30日掲載の記事『「妊活クライシス」男女の意識差が夫婦の危機に』に院長のコメントが掲載されました。

記事では妊活を行う夫婦を取り上げ、その中で院長は「まず男性が不妊検査を受けるべき」とコメントし、「女性の不妊検査に比べれば、精液検査は楽。痛みも伴わない」としています。他にもデリケートな夫婦の妊活事情が紹介されています。

Yahoo!ニュース
『「妊活クライシス」男女の意識差が夫婦の危機に』

その他のメディア紹介へ


■精子のDNA損傷と精索静脈瘤手術

■精子のDNA損傷と精索静脈瘤手術

精索静脈瘤手術は、精子のDNA損傷を改善し、妊娠率を向上させる!

精索静脈瘤は不妊を主訴に来院される男性の35-40%に認められる精巣(睾丸)周囲血管の異常です。この精索静脈瘤を治療することで精液所見が改善し、妊娠率も向上することは、すでに多くの研究で実証されています。

実際に男性不妊の診療に携わっていると、今までお子様を授かれずに何年も悩んでおられたご夫妻が、ご主人が精索静脈瘤手術を受けられた後に自然妊娠されることが多く、治療効果が日々実感されます。この事実を裏付けるものとして、精子のDNA損傷の程度(精子の質)と関連づけている研究報告がありましたのでご紹介したいと思います。

一つは、当院HPの『男性不妊最新ニュース』のページでも取り上げている『精索静脈瘤手術後の精子DNA断片化の低下と妊娠率向上は関連している』という米国泌尿器科学会雑誌に掲載されている論文(Journal of Urology 2013, 189: S146-S150 / 2010, 183(1): 270-274 )で、分かりやすく言うと、精索静脈瘤手術が精子の質(DNA)を改善し、結果として妊娠しやすくなるという内容です。

このプロスペクティブ(前向き)研究では(難しいですね.プロスペクティブ(前向き)研究というのは、ある仮説を立て,それが正しいかを追跡調査していくやり方で、この後に出てくるレトロスペクティブ(後ろ向き)研究より信頼性が高いとされています)、不妊期間が1年以上のご夫妻のうち精索静脈瘤がある49人のご主人に精索静脈瘤手術を受けていただき、手術後に①精液所見が改善したか、②ご妊娠になったか、③精子DNA損傷率(DNAが傷ついている精子の割合)の変化について追跡調査しています。

49人のご主人の平均年齢は34歳、奥様の平均年齢は30歳でした。手術前の不妊期間は平均2.7年で、術後2年間の経過を追っています。

精液所見の詳細については、当院HP『男性不妊最新ニュース』のページをご覧いただければと思いますが、精索静脈瘤の手術後に精子数や精子運動率が改善し、結果として49組中18組(37%)が平均7.2ヵ月で自然妊娠されています。
自然妊娠されなかったご夫妻でも8組(16.3%)は人工授精で妊娠され、計49組中26組(53%)が体外受精や顕微授精の高度生殖医療技術(ART)での不妊治療に進むことなく、ご妊娠されました。
精索静脈瘤手術後に精子のDNA損傷率は35.2%から30.2%に明らかに低下し、精子DNA損傷率が低いと妊娠率(自然妊娠であれ、ART治療によるものであれ)が高いという関係が明らかとなったとしています。

また、別の論文(Urology 2013, 81:760-766)では、精索静脈瘤手術を受けた68人の男性不妊患者さんをレトロスペクティブ(後ろ向き)に検討し(レトロスペクティブ(後ろ向き)研究というのは、これまでに蓄積されてきたデータを解析して、傾向や違いを明らかにするというやり方です)、精索静脈瘤手術が精液所見(精子数、精子運動率、精子DNA損傷率)を改善しており、さらに妊娠率も上がっていたと報告しています。

精索静脈瘤手術を受けた68人の平均年齢は33歳で、その奥様の平均年齢は31歳、不妊期間は平均2.6年でした。

精索静脈瘤手術後に68組中17組(25%)が自然妊娠され、自然妊娠されなかったご夫妻のうち3組(4.4%)は人工授精でご妊娠になり、ART治療での妊娠を含めると35組(51%)のご夫妻がご妊娠になっていました。

精索静脈瘤手術により、精子数、精子運動率が改善し、精子DNA損傷率も40.8%から24.5%に低下しました。とくに術後の精子運動率の上昇とその後の妊娠(自然妊娠、人工授精、ART治療など問わず)に関連がみられました。

精索静脈瘤手術が精子のDNA損傷率を低下させることは明らかですが、それが精索静脈瘤手術による妊娠率の向上にどれくらい関与しているかは、さらに研究を進める必要があります。

また、精子のDNA損傷は喫煙や薬物、炎症によっても引き起こされますが、そのような状況においても精索静脈瘤手術は精子DNA損傷を低下させますから、治療の選択としては手術に進まれるのが良いと考えられます(Journal of Urology 2010、184(4): 1578 )。

                              天神つじクリニック 副院長 庄 武彦

コラム「男性不妊治療の最前線」一覧はこちら