恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

お問い合わせメールアクセス

恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

男性不妊最新ニュース

男性不妊最新ニュース

男性不妊最新ニュース

子供が欲しいならプロペシアは一時中止を!

プロペシア(フィナステリド)を服用していると、精液所見が悪くなることは良く知られていましたが、添付文書の副作用にも「男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)」が追加になりました。

お子さんを授かられたら、またのんでいいですから、子作りの間はプロペシアは中止しましょう.


顕微授精の前に精索静脈瘤を手術すると妊娠率が向上し、流産も減る!

精索静脈瘤を手術すると自然妊娠のチャンスが2.8倍高くなるなど、男性不妊患者さんにおける精索静脈瘤手術の治療効果は明らかですが、体外受精/顕微授精の際にも手術をしたほうが良いのかははっきりしていませんでした。

10月号の米国泌尿器科学会雑誌(Journal of Urology)に顕微授精の前に精索静脈瘤手術をした患者さんとしなかった患者さんの治療成績の比較が報告されています(J Urol 2010; 184: 1442)。

精液所見が不良で精索静脈瘤を認めた242人の不妊男性における顕微授精の治療成績の比較です。80人は顕微授精の前に「そ径下精索静脈瘤手術(当院でおこなっているのと同じやり方です)」を受け、162人は手術しないまま顕微授精を施行されました。精索静脈瘤手術を受けたグループでは運動精子の数が増え、精索静脈瘤手術を受けなかったグループと比較すると妊娠率は45%に対し60%と高く、生児の分娩率(出生率)も流産が減ったことにより31%に対し46%と良好でした。 

精液所見がたとえ自然妊娠が望めるところまで改善しなくても、精索静脈瘤手術を受けることにより顕微授精の治療成績が向上するという結果です。これまではどうせ顕微授精を受けるのであれば、精索静脈瘤があっても治療しないという考えかたが大勢を占めていたのですが、どうも顕微授精前にも精索静脈瘤手術を受けたほうが良さそうです。また、顕微授精を繰り返してもなかなか妊娠しないとか妊娠しても流産するという場合には、さらに顕微授精をやる前に精索静脈瘤がないか診察してもらうが賢明ですね。精索静脈瘤手術は生命保険の手術給付も受けられます。


Microdissection TESEの結果をみても無精子症に精索静脈瘤手術は効果あり!

これまでもこのコーナーで非閉塞性(原発性)無精子症でも精索静脈瘤があれば手術したほうが良いというデータを紹介してきましたが、ついに顕微鏡下の精巣内精子回収術(microdissection TESE)を受けた患者さんで精索静脈瘤手術の有用性を比較した論文が世界で一番権威のある泌尿器科の学術雑誌Journal of Urologyの最新号(10月号)に発表されました(J Urol 2009;180:1500)。

非閉塞性無精子症でmicrodissection TESE(MD-TESE)を受けた患者さんのうちTESEの前に精索静脈瘤手術を受けた66人と受けなかった30人を比較しています。精索静脈瘤を受けた患者さんの53%でMD-TESEにより精巣内に精子が見つかったのに対し、手術を受けなかった患者さんでは30%にしか精子が見つけられず、明らかに手術したグループで精子が見つかる確率が高いことが分かりました。さらに精子が見つかった患者さんの顕微授精の結果をみてみると、受精率は手術グループの63.9%に対し手術しなかったグループでは53.6%、妊娠率も手術グループ:31.4%に対し手術しなかったグループ:22.2%と手術したほうが良い結果のようでしたが、これは統計学的には明らかな差とはいえないようです。

精巣内で精子が作られていない非閉塞性無精子症でも、精索静脈瘤があるならMD-TESEの前に精索静脈瘤手術を受けたほうが良いとの結論になりますが、実は今回の比較には精索静脈瘤手術の後に精液中に精子が出現した患者さん達は含まれていません。この方々を含めると非閉塞性無精子症における精索静脈瘤手術の有用性はさらに高く評価されるものと考えられます。


自然な妊娠を目指すなら精索静脈瘤に注目!

今年4月に開催された米国泌尿器科学会での研究報告からのニュースです。

精索静脈瘤の手術が男性不妊症の有効な治療であることは良く知られていますが、最終的な妊娠率への効果までを検討したデータは多くありませんでした。

このカナダからの報告では、両側に精索静脈瘤がある不妊男性で顕微鏡下に両側の精索静脈瘤手術(顕微鏡下精索静脈低位結紮術)を受けた157人と手術を受けなかった81人を比較しています(平均観察期間は40ヵ月)。

結果は手術を受けたグループでは手術後に精子数と精子運動率が明らかに改善し47%が自然妊娠しましたが、手術しなかったグループでは23%しか妊娠出来ませんでした。さらに手術しなかったグループでは62%がART治療(=体外受精/顕微授精)に進んでいましたが、手術をしたグループは32%だけでした。

精索静脈瘤手術を受ければ自然な妊娠が無理でも奥様や生まれてくるお子さんへのリスクが低い不妊治療で妊娠できるようになることが期待されます。精液所見が不良といわれたら、精索静脈瘤がないか調べてみましょう。


抗うつ薬が精子DNAを損傷する!

インターネットのニュースで、SSRIという種類の抗うつ薬が精子へ悪影響をおよぼすと話題になっています。<http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg19926754.500>

SSRI(抗うつ薬)は日本でも一般的に使われており、非常に良いお薬です。ただ、私もこの薬を服用しておられる患者さんで二人ほど精液所見が不良なことがあり、薬を中止すると改善傾向になることを経験していましたので、このニュースもそういう話だと思っていました。

しかし、内容を読んでみるとコーネル大学で35人の健康な男性にSSRIであるパロキセチンを5週間服用してもらい、その前後で精子を調べたところDNAフラグメンテーション(DNAの損傷)の比率が13.8%から30.3%に上昇したという報告でした。DNAフラグメンテーション30.3%というのは結構悪い所見ですが、それより驚いたのは精子の数、運動率、形態は正常だったという結果です。つまり、一般的な精液検査ではSSRIの精子への悪影響を判断できないということになります。

男性不妊症でSSRIを服用しておられる患者さんについては、精液所見が正常でもDNAフラグメンテーションを調べなければならないのかと考えますが、一方でタバコの精子への傷害に比べれば大したことないとも思います。SSRIはとても良いお薬で、うつの治療のためにどうしても中止できない患者さんもいらっしゃいます。不妊症の治療のために、SSRIを中止するかの判断をするときには精子のDNAフラグメンテーションを調べるべきかもしれません。